平成27年度 小波瀬病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 25 76 55 114 167 266 579 879 1055 306
対象期間内に入院した患者さま3,522名の、入院時の年齢を集計しました。
高齢の患者さまの割合が高く、70歳以上が全体の6割、60歳以上だと8割を占めています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎・急性気管支炎(15歳以上)の治療 36 14.3 14.3 5.6% 72.4
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎の治療 32 25.8 21.7 28.1% 83.9
060280xxxxxxxx アルコール性肝障害の治療 7 14.4 16.8 14.3 57.6
内科で最も多い症例は肺炎です。2番目に多い誤嚥性肺炎は高齢者に多くみられ、肺炎より平均年齢が10歳以上高くなっています。3番目はアルコール性肝障害の治療となっています。
呼吸器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎の治療 96 24.0 21.7 43.8% 83.9
040080x099x0xx 肺炎・急性気管支炎(15歳以上)の治療 55 21.9 14.3 12.7% 75.5
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症の治療 16 14.1 12.6 31.3% 81.2
呼吸器科では誤嚥性肺炎、次いで肺炎が多くなっています。誤嚥性肺炎では、療養病棟のある病院への転院が多くなっています。3番目は尿路(腎臓・尿管・膀胱・尿道)の感染症です。
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症・慢性虚血性心疾患のカテーテル検査 38 3.8 3.1 2.6% 70.4
050130xx99000x 心不全の治療 23 22.8 18.3 17.4% 82.4
050030xx97000x 急性心筋梗塞のカテーテル手術 19 13.3 13.3 5.3% 68.1
循環器科で最も多いのは、心臓カテーテル検査目的の検査入院です。狭心症の患者様の検査や、カテーテル手術後の定期検査目的で行う場合があります。心不全の治療です。慢性心不全が悪化して入院する患者さまが多くなっています。3番目に多い症例は急性心筋梗塞で緊急でカテーテル手術を行った症例です。
消化器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管結石・胆管炎の内視鏡手術等 25 13.4 10.9 4.0% 74.9
060140xx97x00x 胃・十二指腸潰瘍等の内視鏡的止血術・輸血等 3 14.0 11.0 0.0% 46.7
060300xx97100x 食道静脈瘤の内視鏡手術 3 24.0 15.1 33.3% 60.0
消化器科で最も多いのは、胆管結石・胆管炎に対し内視鏡手術等を行う症例です。次いで多いのが出血性の胃・十二指腸潰瘍に対し止血や輸血等を行った症例、食道静脈瘤(肝硬変の方に多くおこります)の内視鏡で手術を行った症例です。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060210xx99000x 腸閉塞の治療 30 10.5 9.2 0.0% 71.8
060330xx02xxxx 胆のう疾患の腹腔鏡下胆のう摘出手術 30 11.4 9.2 3.3% 55.2
060160x002xx0x 鼡径ヘルニアの手術 27 6.4 5.1 0.0% 65.1
外科では上位2症例が同数となっています。DPCコードの若い順に、腸閉塞の治療、胆のう疾患の腹腔鏡下胆のう摘出手術です。腸閉塞は様々な原因で発症し、手術が必要な場合もあります(本症例では手術を行っていません)。3番目に多いのは鼡径ヘルニアの手術です。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 大腿近位骨折の手術 114 66.1 28.7 14.9% 84.6
160690xx99xx0x 胸・腰椎の骨折・損傷の治療 88 48.9 21.5 9.1% 77.4
160760xx97xx0x 前腕の骨折の手術 42 9.4 5.7 0.0& 48.1
整形外科で最も多いのは大腿骨近位(足の付け根)の骨折の手術症例、次いで多いのが胸・腰椎(背骨)の骨折です。いずれも高齢者の方に多い骨折で、当院では療養病棟に移ってリハビリを行うことが多いため、全国平均より入院期間が長くなっています。3番目に多いのは、前腕の骨折です。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099000x 脳梗塞(意識障害軽度)の治療 41 49.7 15.8 7.3% 75.4
010060x099030x 脳梗塞(意識障害軽度)の治療(エダラボン使用) 24 56.6 18.1 4.2% 74.8
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷の治療 22 13.7 7.5 0.0% 57.0
脳神経外科で最も多いのが脳梗塞(意識障害軽度)の症例です。当院では療養病棟に移ってリハビリを行うことが多いため、全国平均より入院期間が長くなっています。次いで多いのが同じく脳梗塞(意識障害軽度)でのエダラボン(発症後24時間以内の脳梗塞に効果を発揮する薬)の使用症例です。3番目に多いのは頭蓋内損傷ですが、頭部打撲から外傷性の脳出血までが同じ分類となるため、入院期間は症例によって大きく異なります。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障・水晶体の疾患の手術(片眼) 341 3.0 3.0 0.0% 77.1
020110xx97xxx1 白内障・水晶体の疾患の手術(両眼) 49 10.1 8.4 0.0% 79.4
020220xx97xxx0 緑内障の手術(片眼) 2 5.5 9.6 0.0% 75.0
眼科で最も多いのは白内障の手術症例です。当院では両眼の手術を行う場合、片眼ごとに1週間の期間をおいています。このため、2番目に多い両眼の症例では、在院日数が10日となっています。3番目に多いのは、緑内障の手術症例です。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991xxx 前立腺悪性腫瘍の針生検 43 2.0 2.7 0.0% 70.7
110070xx99x20x 膀胱腫瘍の点滴化学療法 16 4.3 12.4 0.0% 73.3
110070xx0200xx 膀胱腫瘍の経尿道的手術 15 4.4 7.6 0.0% 74.5
泌尿器科で最も多い症例は、前立腺悪性腫瘍の検査入院です。次いで多いのが膀胱腫瘍の点滴化学療法、3番目に多いのは膀胱腫瘍の経尿道的手術です。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 8 1 7 6 1 31 1 7
大腸癌 2 8 6 10 0 22 1 7
乳癌 3 2 2 0 0 9 1 7
肺癌 0 3 1 1 0 12 1 7
肝癌 1 2 1 1 0 29 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
胃癌、大腸癌、肝癌については、外科で担当しています。胃癌、大腸癌については早期癌から進行癌まで、幅広い病期を診療しています。肝癌は再発率の高い疾患であり、当院でも再発患者さまに対する加療の件数が多くなっています。なお、肺癌、乳癌につきましては、よりよい医療を提供するため診断ののち転医となる場合があります。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 24 10.2 52.8
重症度 1 31 19.0 77.4
重症度 2 29 22.6 83.7
重症度 3 9 19.9 85.0
重症度 4 8 29.5 82.3
重症度 5 1 1.0 90.0
不明 2 6.0 44.5
104症例中およそ6割を中等症(重症度1・2)が占めています。重症度に比例して在院日数が長くなっています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内
その他
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内
その他
I63$ 脳梗塞 3日以内 91 60.0 77.1 7.7%
その他 10 93.8 78.7 40.0%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内
その他
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内
その他
本年度の症例では、脳梗塞の分類に当たる症例は脳梗塞のみでした。その9割が急性期である発症後3日以内の入院でした。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K549.2 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 20 0.2 14.1 0.0% 69.3
K549.3 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 19 10.1 9.4 11.1% 74.8
K597.2 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 12 7.8 23.7 0.0% 79.1
循環器科の手術の上位2種は、虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞等)に対するステント留置術です。いずれも手術内容としては同じものですが、以下の条件で別の手術として評価されます。狭心症等、緊急手術が必要でないものが多くなるため、当院では(その他)の症例が最も多くなっています。
経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) :来院から24時間以内に手術を開始したもの
経皮的冠動脈ステント留置術(その他) :上記以外のもの
3番目に多いのはペースメーカー移植術で、血管を通じて腕から心臓へ伸びる電極を設置する手術です。
※ ステントとは網目状の金属の管で、血管や消化管に設置することで、狭窄や閉塞を防ぐために使用されます。
消化器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K687.1 内視鏡的乳頭拡張術 9 1.7 14.8 0.0% 73.8
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 7 1.6 13.9 0.0% 73.0
K685.2 内視鏡的胆道結石除去術(その他) 6 0.2 2.5 16.7% 77.7
消化器内科の手術は、胆のう・胆管に関する内視鏡的手術で占められています。最も多いのが乳頭(十二指腸にある胆管の出口)の切開術で、次いで胆道ステント留置、胆道の結石除去術と続きます。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 44 3.1 8.5 0.0% 58.1
K633.5 鼠径ヘルニア手術 32 0.5 5.0 0.0% 67.2
K719.3 結腸切除手術(悪性腫瘍手術) 26 9.7 32.7 0.0% 76.3
外科で最も多く行われた手術は、腹腔鏡下で行う胆嚢摘出手術です。次いで鼡径ヘルニアの閉鎖手術、結腸切除手術と続きます。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K046.1 骨折観血的手術(大腿) 106 1.6 57.4 12.3% 82.7
K046.2 骨折観血的手術(前腕) 42 1.6 26.7 0.0% 57.3
K048.3 骨内異物(挿入物を含む)除去術(下腿) 40 0.3 5.1 0.0% 54.6
整形外科で最も多い手術は、大腿骨折の骨接合術、次いで前腕の骨接合術となっています。いずれもクリニカルパスが存在しますが、大腿骨折はリハビリのために入院期間が長くなっています。3番目の骨内異物除去術は、骨接合手術の際に使用した金属プレートを抜去する手術で、予定を組んで入院するため、術前日数が短くなっています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 19 0.7 10.2 21.1% 77.6
K178.1 脳血管内手術(1箇所) 9 1.0 53.7 11.1% 58.7
K164.3 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) 7 0.4 141.9 28.6 73.9
脳神経外科で最も多い手術は慢性硬膜下血腫に対する穿孔・洗浄術です。次に多いのは脳血管内手術で、くも膜下出血や動脈瘤に対して行われます。3番目の頭蓋内血腫除去術は急性硬膜下血腫に対して行う手術で、その多くが緊急手術となるため術前の在院日数が短くなっています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K282.1 ロ 水晶体再建術(眼内レンズ挿入)(その他) 389 1.0 1.9 0.0% 77.3
K24.6 角膜・強膜縫合術 1 0.0 2.0 0.0% 43.0
K268.3 緑内障手術(濾過手術) 1 1.0 1.0 0.0% 81.0
眼科で最も多い手術は白内障に対する水晶体再建術です。白内障により濁ってしまった水晶体を除去し、眼内レンズを挿入します。次いで緑内障の手術、眼球の損傷に対して行われる角膜・強膜の縫合術です。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K803.6 イ 膀胱悪性腫瘍手術 14 0.1 3.4 0.0% 74.5
K610-3 内シャント設置術 10 1.7 11.0 0.0% 71.1
K841.1 経尿道的前立腺手術 5 3.2 23.2 0.0% 77.0
泌尿器科で最も多い手術は膀胱悪性腫瘍に対する内視鏡下の手術です。2番目に多いのは、人工透析に必要な透析シャントの設置術です。3番目の経尿道的前立腺手術は、前立腺肥大により狭窄を改善するための手術です。
なお、平成28年より腹腔鏡下腎摘出術を施行しており、平成28年8月現在、腹腔鏡下腎摘出術1例、腹腔鏡補助下腎尿管全摘出術2例を施行しています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 2 0.06%
異なる 0 0.00%
180010 敗血症 同一 16 0.45%
異なる 0 0.00%
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0.00%
異なる 0 0.00%
180040 手術・処置等の合併症 同一 22 0.61%
異なる 0 0.00%
播種性血管内凝固、敗血症、真菌症、手術・処置等の合併症の患者数と請求率を集計しました。いずれの疾患も他疾患に合併して発症することの多い傷病であり、アップコーディング(不適切な入院医療費請 求)の恐れがあるため、臨床的に根拠のある診断である旨の記載が求められています。
厚生労働省による全国のDPC対象病院のデータ集計(平成26年度)では、播種性血管内凝固の請求率が0.17%、敗血症の請求率は0.56%で、当院のデータは全国平均と比べて大きな違いはありませんでした。手術・処置の合併症については、入院契機と異なる症例はなく、入院契機と同一の症例では、透析シャントの狭窄・閉塞、人工骨頭や骨折の固定具に関する合併症、手術後の創部感染症などがありました。
更新履歴
28.9.30
新規作成