部署の紹介

看護部

看護部理念と方針

[理念]

個人の尊重と心の看護

[方針]

ニーズに基づく看護・ケアの提供、看護の質の向上
1、患者様の気持ちに寄り添い、思いやりのある看護の提供に努めます。
2、看護の専門職としての判断に基づき、安全で安楽な看護の提供に努めます。
3、常に看護の質の向上を目指し、専門職として学び続けます。
4、他部署と共働し、患者様中心とするチーム医療に努めます。
5、地域の医療施設・福祉施設との連携を図り、継続看護の提供に努めます。
6、心のこもった温かい看護を実践できるよう、後輩育成に努めます。

看護理念の持つ意味

[個人の尊重]

疾患あるいは障害があっても「その人らしく生きること」を尊重した看護・ケアをめざします。 患者様及びご家族が医療を選択する時代です。生き方、考え方を尊重し社会的な立場や家族関係を含む生活レベルも考えた一人一人のニーズにあった看護・ケアの提供が必要となります。また、看護職員に対しても、現場の意見を尊重していきたいという意味も含まれています。

[心の看護]

患者様は疾患や障害を持つことによって、心は身体以上に病んでいるということをわきまえ、相手の立場に立って対応しなければなりません。表面的な言葉や優しさは、敏感な患者様には伝わります。相手の喜びや悲しみを自分のものとしてとらえ、心をこめて接することが大切です。

看護部教育体制

[教育理念]

  • 1. エビデンスに基づいた知識・技術の習得、及び個人の人間性を尊重した愛情溢れる感性を身につけ、看護の質を向上する。
  • 2. 個人一人ひとりが、目標を立て成果を挙げることで、個人及び組織全体の成長へと発展させる。

[教育方針]

  • 1. 新人教育における研修を通して、知識・技術・態度の統合を図り、看護の質を向上する。
  • 2. 個人が各々のテーマを持って院外研修・研究活動に取り組む。

[教育体系図]

看護部

外来・救急外来

外来

19の診療科があり、各フロアに看護師を配置し、症状に合わせた診療科の受診ができるように心がけています。

[化学療法室]

  • 化学療法室には4床のベッドとTVを設置しており、ゆっくりとした環境の中で治療を受けて頂くことができます。また、副作用に対する不安や対処方法など担当看護師・薬剤師より説明させていただきますのでご遠慮なくお声をおかけください。
  • 救急外来

救急外来

  • 救急外来では24時間体制で救急患者様の受け入れを行っており、院長を始めとする救急科医師、または専門の医師が対応しております。
    緊急の心臓カテーテル検査、血管造影検査や、いち早く現場に駆けつけるためドクターカーの運用も行っております。
    看護師は、救急認定看護師、日本DMAT隊員、福岡県DMAT隊員、ICLS・MCLSインストラクター、INE(インターベンションエキスパートナース)等が在籍しており、日々研修会などを重ね、知識・技術の向上に努めています。
  • 救急外来

[患者様へのお願い]

  • 症状により順番が前後したり、待ち時間が発生する場合がございますので予めご了承ください。

一般病棟(5階西、5階東、6階西、6階東)

一般病棟(158床)

病気の為、手術や入院治療が必要な患者様を対象とした病棟です。患者様の痛みや不安を少しでも軽く出来るよう医師、看護師、薬剤師等の医療チームは情報共有に努め、一貫した医療の提供に努めています。また、合併症予防の為にも早期離床に力を入れ患者様の早期治療、自立への援助に取り組んでいます。

[5階東病棟]

内科・呼吸器内科・循環器内科の病棟(40床)です。
内科の一般的な疾患をはじめ、COPD・誤嚥性肺炎など呼吸器内科疾患の患者様に対し、早期に廃用を防ぐプログラムを計画しています。また、心臓カテーテルによる検査、治療を必要とする循環器内科疾患の患者様には、クリニカルパスを使用し、医師・看護師が協力して質の高い医療が提供出来る様心掛けています。

[5階西病棟]

脳神経外科・泌尿器科・腎臓内科の一般混合病棟(38床)です。5西病棟では、寝たきりによる廃用の予防として、早期離床の取り組みと患者様それぞれに合った離床の計画が実施できるようスタッフ一同で取り組んでいます。

[6階西病棟]

内科、外科の一般混合病棟です(40床)です。手術が必要な方に関しては、クリニカルパスを作成し質の高い医療が出来るよう又、患者様自身が自分の状態をきちんと把握できるよう日々努力しております。

[6階東病棟]

整形外科の一般病棟(40床)です。
主に骨折、変形性関節症、脊椎疾患、骨・筋・関節疾患など、交通事故や日常で転倒・転落による骨折等で突発的に受傷され、緊急入院となり手術を受けられる患者様などの受け入れをサポートしております。

回復期リハビリテーション病棟(4階東)

回復期リハビリテーション病棟(60床)

日常生活動作の向上・寝たきり防止・家庭復帰を目的に期間限定で、集中したリハビリを行う病棟です。患者様、御家族と一緒にリハビリの計画や退院後の生活について相談しながら、安心して家庭復帰して頂けるように援助します。日常生活動作の中で一番、重要と考える排泄訓練に力を入れて取り組んでいます。出来る限りオムツを外し、自立できる様に援助を行っています。

地域包括ケア病棟(4階西)

地域包括ケア病棟(40床)

~急性期から在宅復帰への橋渡しをお手伝いします~
急性期病棟での治療は終了したものの、すぐのご自宅退院や施設入所は不安のある患者様に、しばらくの間入院療養を継続しながら【在宅復帰に向けた準備を整える】ための病棟です。

手術室

手術室といえば、「怖い」「寒い」「痛い」というイメージを持たれる方が多いと思います。小波瀬病院手術室では、そのような患者さんの不安や不快感を軽減し、安心して手術治療を受けて頂けるよう医師・看護師が協力して患者さん個々に合わせた工夫をしています。手術を受ける患者さんには手術室看護師が術前にお話・ご要望を伺いに参ります。また手術の後にも訪問させて頂き感想を伺いながらチームとしての改善・改良を重ね日々研鑽しています。

手術室

透析センター

  • 透析センターでは医師・看護師・臨床工学技師が協力し患者様との『最高の信頼』を目標に日々努力しています。
  • 透析センター

サービス内容

[診療時間]

  • 月~土:午前7時30分~午後5時30分

[透析用監視装置]

24台

ICU・HCU

  • ICU・HCUは手術後の患者様・重症な患者様など急性期の患者様を24時間体制で集中的に治療・看護する病室です。ICU(集中治療室)4床とHCU(ハイケアユニット)4床のベッドを準備し、心電図・心拍数・血圧などの患者様の状態を知るための生命維持装置(モニター)も設置されております。一般病棟よりも看護スタッフを多く配置し、高度医療機器を用いた呼吸・循環管理を行いながら原疾患の治療を行います。
  • ICU集中治療室
  • ・肺、腹部、頭部、その他の大きい手術後の方
  • ・手術の大小にかかわらず、心臓・肺・腎臓・肝臓などの臓器機能が低下しており、手術後に合併症をおこす危険性が高い方
  • ・循環の機能の低下により、血圧・脈拍数が不安定な方
  • ・呼吸の機能が低下し、人工呼吸が必要な方
  • ・重症の感染症や外傷が原因で、心臓・肺・腎臓・肝臓など全身の多くの臓器機能に障害がある方
  • ・頭部の外傷や薬物などが原因で意識に障害がある方

など、重症な患者様の管理を専門に行う病棟で、24時間体制で対応します。

ICU(4床)・HCU(4床)のご案内

[面会時間]

面会時間は午前11時~12時と午後5時~午後7時です。1回の面会は10分程度で、2名まででお入りください。

[面会について]

  • ①ご家族以外の方の面会はご遠慮頂きます。また、小さいお子様や風邪を引いている方の面会もご遠慮下さい。
  • ②お見舞いの品(飲食物・生花など)の持ち込みはご遠慮下さい。
  • ③面会される場合や御用のある方は、ICU前ドアのインターホンでお知らせ下さい。また、家族控え室からは内線電話(307)でICUにご連絡下さい。

※面会時間内であっても診療・処置の都合によりお断りすることもあります。ご了承下さい。
※付き添いは不要ですが患者様の病状は変わりやすいため、いつでも連絡がとれるようにお願いします。

[入室時の服装について]

  • ①靴の履き替
  • ②手洗い
  • ※履物は用意してあるものを必ず着用してお入り下さい。手洗い用の消毒液も準備しています。

[家族控え室のご利用にいて]

  • ①ICU・HCU入室されている患者様、手術中の患者様のご家族の共有の施設となりますので、多人数でのご利用はご遠慮下さい。
  • ②控え室での宿泊はご遠慮下さい。

[入院時必要なもの]

①すぐ用意して頂く物
・バスタオル:2枚
・タオル:2枚
・ティッシュペーパー:1箱
②翌日でよい物
・バスタオル:追加4枚
・タオル:追加5枚
・歯ぶらし、歯磨き、吸い飲み、プラスチックのコップ:各1個
・洗濯物入れ

ICU集中治療室

[その他]

  • ※患者様の状態に応じ準備していただくものが異なる場合があります。看護師にお問い合わせ下さい。
  • ※持ち物には油性マジックでお名前を記入して下さい。
    売店・喫茶室・コインランドリーなどの設備は「入院のしおり」をご参照下さい。
    その他不明な点がありましたらご遠慮なくお尋ね下さい。

面会時間や病院への出入りに制限があり、ご家族の皆様には不自由な点が多いと思いますが、患者様が大切な時期に集中した治療・看護を受けるためです。ご理解・ご協力をお願いいたします。

  • 小波瀬病院トップ
  • ごあいさつ・病院理念と基本方針
  • 診療のご案内
  • 受付時間・診療時間
  • 外来担当医
  • 医療内容・医師 専門分野の紹介
  • 部署の紹介
  • 診療部
  • 看護部
  • 医療技術部
  • 付属施設
  • 入院のご案内
  • 沿革
  • 施設概要・アクセス
  • 地域・医療機関との連携
  • Webかわら版