部署の紹介

薬剤部

理念

一人の薬剤師はすべての患者様のために
すべての薬剤師は一人の患者様のために

~医師、看護師、その他の医療スタッフとともに医療チームの一員として高度な医療を着実に支え安全で効果的な薬物療法を提供します~


薬剤師の資格収得状況

  • ・日本薬剤師研修センター認定実務実習指導薬剤師(1人)
  • ・日本静脈経腸栄養学会 栄養サポートチーム(NST)専門薬剤師(4人)
  • ・生涯認定薬剤師(14人)
  • ・日本骨粗鬆症認定 骨粗鬆症マネージャー(1人)
     (2015年3月現在)

業務内容

[調剤業務]

薬剤部

調剤室では、主に入院患者様のための調剤を行っています。薬剤師は医師が指示した処方内容が適正であるかを確認してから調剤を行います。疑問点や問題点がある場合は、必ず医師に確認し適宜訂正などを求め、妥当性の確認された処方について調剤を行います。

[注射薬の調製]

薬剤部

入院中の患者様に使用される注射剤は、医師による処方に基づいて患者様個人毎に病棟に払い出しています。薬剤師は処方せんの内容をチェックし、決められた疾患や症状に対して投与量、投与方法が守られているか、2種類以上の注射剤を混ぜても問題ないか(配合変化)、他の薬剤と一緒に使用して問題ないか(相互作用)を確認しています。

[無菌製剤業務]

薬剤部

高カロリー輸液、抗がん剤を無菌調剤室で調製しています。無菌調剤室で薬剤師が高カロリー輸液と抗がん剤を無菌調整することにより、患者様の細菌やウイルスによる感染のリスクの軽減や、医療従事者の抗がん剤の暴露回避など安全な医療の提供に努めています。

[入院患者様の服薬指導]

薬剤師が患者様のベットサイドへ行き、薬剤の効果、副作用、注意事項などを説明しています。

[病棟薬剤師業務]

病棟薬剤師は、薬物療法を行っている患者様について薬剤が適正に使用されているかの確認、また血中濃度モニタリング(TDM)やフィジカルアセスメント等により有効性や副作用を確認し必要に応じて適切な薬剤とその投与量や投与時間を算出し、薬剤の変更等を含めた適切な薬物療法に貢献しています。

[薬物血中濃度解析]

血中濃度や副作用のモニタリング等に基づき、副作用発現や有効性の確認を行うとともに、医師に対し、必要な薬剤の変更等を提案しています。

[医薬品情報管理業務]

日々発信される薬剤についての情報を収集・整理し、必要に応じて医療スタッフへと提供しています。また、月に1回、医薬品情報や新規採用医薬品、薬事小委員会の案内を院内の各部署に発信しています。

[症例検討会]

小波瀬病院では定期的に地域の医療スタッフと症例検討会を実施しています。
高齢者の増加、価値観の多様化に伴い、病気を持ちつつも可能な限り住み慣れた場所で自分らしく過ごす「生活の質」を重視する在宅医療が求められています。
医師・薬剤師・看護師・ケアマネージャー等の多職種が各々の専門知識を活かし、積極的な意見交換を行うことで、患者・家族の質の高い生活を支えられるよう日々各職種から提示された症例の問題点や解決策を検討しています。



[治験業務]

先端の医療を担う育薬と創薬の実施を推進しています。患者様の利益を何よりも優先し、治験コーディネーター(CRC)のスタッフが患者様に安心して治験にご参加いただける環境作りをお手伝いします。

チーム医療への参画

従来からの基本的な業務に加え、抗がん剤の無菌調製や褥瘡管理、栄養管理などのチーム医療の一員として携わっています。薬の専門家としてチーム医療に加わることにより、よりよい医療が提供できるよう努めています。

[医薬品の管理]

医薬品の購入、保管、使用期限などの品質管理を行っています。麻薬や向精神薬、血液由来製剤に関しては、在庫管理を徹底し、管理簿を作成・保管し、事故・盗難防止に努めています。また、各部署の定数配置薬についても定数・品質管理を定期的に行っています。

[院内感染対策チームへの参加]

医師・薬剤師・看護師・臨床検査技師などから構成される感染対策チームの一員として活動しています。薬剤師は院内での抗生物質の使用状況などを把握し、薬物血中濃度解析を利用して院内における抗生物質の使用に関する提案や改善、また標準予防策や手洗いなどの、職員教育も行っています。

[栄養サポートチームへの参加]

医師・薬剤師・看護師・栄養士などから構成される栄養サポートチーム(NST)の一員として活動しています。薬剤師として薬という観点から、患者様の栄養状態を把握し、患者様個々に応じた栄養と薬剤の使用に関する提案や改善を行っています。

[がん化学療法]

がん化学療法は、新薬の登場、治療方法の進歩が著しく、副作用がほぼ必発な上に、用法・用量が煩雑であるなど、その安全管理において薬剤師の役割は非常に重要です。月に1回の化学療法委員会に参加し、がん化学療法レジメンの統一管理や、抗がん剤の無菌調製を行うなど、がん薬物療法の安全管理を行っています。

[褥瘡対策チーム]

医師、看護師と共に月に2回の褥瘡回診に同行し、患者の栄養状態を把握した上で褥瘡を実際に観察し、感染の有無・浸出液の量・使用部位に応じてドレッシング剤・褥瘡治療薬の適正使用の提案や改善を行っています。

薬学生の実習受け入れ

薬学部生の病院実務実習を受け入れております。

画像診断部

画像診断部には、放射線技師10名、看護師1名、受付事務員2名が所属しています。画像診断部は急性期病院として必要不可欠な検査機器を導入し、最善を尽くした医療画像の提供に努めています。

検査機器

画像診断部は、1.5テスラMRI、64列マルチスライスCT、血管撮影装置、一般撮影装置、乳房撮影装置、透視装置、骨塩定量装置を有し、最善の画像提供を実践しています。

装置について

[64列マルチスライスCT(PHILIPS社製64列MDCT Brilliance CT 64)]

画像診断部

64列マルチスライスCTは1回転で最大64スライスの画像を取得することが可能です。撮影時間が大幅に短縮され、患者様の負担を軽減しながらも高画質な画像を提供することができます。

[MRI(PHILIPS社製1.5テスラMRI Achieva)]

画像診断部

MRI装置は1.5テスラの超伝導MRI装置を導入しています。32チャンネルのコイルを搭載し検査によっては、短時間で撮影でき、また撮影時間という患者様に対する負担を軽減しながらも、高画質で高鮮鋭な画像を提供することができます。

[DSA(PHILIPS社製 フラットパネルディテクタ血管造影装置Allura Xper FD20)]

画像診断部

血管撮影装置は撮像管に比べ歪みの少ない鮮明で高画質な画像を低被ばくに提供することができます。 また、造影手技中にCTのような断層画像や3D画像を提供することができ、より正確かつスピーディーなカテーテル検査、手術を実現します。

[乳房撮影装置(GE社製 Performa)]

乳房撮影専用X線装置は、乳がんの早期発見に役立てます。この撮影では、乳腺腫瘍や石灰化などの病変を見つけやすくするために、乳房を圧迫し写真を撮ります(多少痛みを伴います)。また、乳房を圧迫しながら薄く均等にすることによって、放射線被曝の量を少なくする効果もあります。当院ではマンモグラフィ技術認定技師による撮影を行っています。

[透視装置(東芝社製 ZEXIRA)]

透視装置(Digital Radiography)は、間接変換方式平面検出器:FPD(フラットパネルディテクター)を搭載しています。非常に高い解像度と濃度分解能を持ち、歪みのない広範囲な視野で、透視・撮影画像を提供します。

[骨塩密度測定装置(HOLOGIC社製 Discovery)]

骨密度(骨塩定量)測定とは、低エネルギーX線を利用して身体の骨塩量(塩分やカルシウム)を測定する検査です。骨の強度を知ることにより、骨がもろくなり骨折しやすくなる骨粗鬆症の予防診断を行います。骨密度測定には色々な方法がありますが、当院では短時間でもっとも高精度なDEXA法(二重エネルギーX線吸収法)の装置を使用しています。

[一般撮影装置(東芝社製 RADREX)]

一般撮影とはレントゲン(X線撮影)のことです。一般撮影は検査の第一選択肢とされることが多く、胸部撮影、腹部撮影、関節・骨などの撮影に用いられます。

臨床検査科

理念・方針

病院理念に基づき、臨床検査が医療の一端を担っている事を念頭に置き、臨床検査技師としての自覚、自身、誇りを持ち、迅速かつ正確な結果を恒久的、継続的に臨床へ提供する。

[よりよいサービスを提供するために]

  • 1. 内外部精度管理で検査精度の維持・向上を図っています。
  • 2. 知識・技術の向上を図るため、積極的に学会・勉強会に参加しています。
  • 3. 乳腺超音波検査は女性技師のみで対応しています。
  • 4. 予約をしなくても当日検査が行えるよう出来る限り対応しています。
  • 5. 救急病院であるため24時間365日の緊急検査、緊急輸血対応、迅速な結果報告に対応しています。
  • 6. 栄養サポートチーム(NST)に参加し、栄養指標検査実施、情報発信などの活動を行なっています。
  • 7. 感染対策委員会に参加し、院内環境の細菌検査、院内感染予防活動にも力を入れています。


検体検査

[生化学検査]

採血をした検体で酵素、脂質、蛋白質、糖質、電解質等の測定を行い肝機能や腎機能など体内の異常がないかを検査します。

[血液検査]

血液の状態を調べるために、赤血球数、白血球数、血小板数などの測定、白血球の種類を分類し形態に異常がないかを見る検査、血液の固まりぐあいや血栓症の指標となる凝固検査を主に行います。

[免疫検査、腫瘍マーカー]

肝炎ウイルス、梅毒、AFP,CEAを検査しています。

[尿一般検査]

尿検査では尿中の成分(糖、蛋白、潜血など)や細胞(赤血球、白血球、細菌など)を調べます。その他、便の潜血(大腸癌検診)や髄液、胸水、腹水等の検査もしています。

[輸血検査]

血液型検査や大量に出血した場合に輸血を安全に行うための検査を行います。

[生理検査]

超音波検査では腹部(肝臓、胆嚢、膵臓、脾臓、腎臓、消化管、膀胱、前立腺、子宮、卵巣)、心臓、乳腺、甲状腺、血管(頸動脈、下肢静脈、下肢動脈)などの検査を行います。心電図、ホルター心電図、負荷心電図、肺機能、ABI(動脈硬化)、聴力、神経生理(脳波、筋電図、ABR)、PSG(終夜睡眠ポリグラフィー)の検査を行っています。

細菌検査室

京築地区の中核病院として、急性期から慢性期までの医療充実を目指している当院では、細菌検査室を設置し少しでも早く病原菌を検出し、適切な治療を受けられるように検査を実施しています。

[役割]
1. 病原微生物の検出
2. 抗菌薬の感受性検査の実施
3. 院内感染対策や耐性菌の情報提供。

検査内容

塗抹検査 グラム染色:主に一般細菌を観察。また、白血球などの炎症反応も見る。
抗酸菌染色:結核菌等の抗酸菌を調べる。
培養・同定検査 提出された検体・目的菌などを考慮し、適切な培地・培養温度・培養時間・培養環境を選択し培養する。
薬剤感受性検査 細菌学的にみて、病原菌と思われる菌に対して、どの抗菌薬が有効かを調べる検査。
耐性菌の検出 検査結果から耐性菌と判断した場合は、迅速に臨床に連絡し、院内感染防止に貢献する。

検査科内視鏡室

理念・方針

小波瀬病院検査科内視鏡室では患者様に安全・迅速・正確な技術を提供し、患者様一人一人のニーズにそった看護を提供しています。

[よりよいサービスを提供するために]

・学会・勉強会に参加しています
学会等にもすすんで出席・発表して、新しい技術、知識を取り入れると共に、内視鏡検査や治療を受ける患者様に対して私たち内視鏡室の者が直接検査、治療の概要を詳しく説明し、訪問説明を行うなど不安や緊張をできるだけ軽減できるよう、精神的ケアを大切にしています。
・専門スタッフが対応します
内視鏡を専門に行う専属スタッフがいます。
・きちんと消毒をしています
内視鏡検査に伴う患者間での感染を防ぐ為にスコ-プを完全に洗浄・消毒しています。
・経鼻内視鏡を導入しています
経口内視鏡に比べ咽頭反射が少なく 検査中の会話が可能です。


内視鏡科の検査・治療の内容

[上部消化管系(食道・胃・十二指腸)]

  • ・胃透視や腹部X線撮影で異常が疑われた場合の精査目的
  • ・胃粘膜の性状、血流、弾力などを直接観察して、病変の有無を診断
  • ・色素散布、組織検査(生検)などにより、早期癌を鑑別診断する
  • ・食道静脈瘤や胃・十二指腸潰瘍からの出血による止血処置
  • ・食道及び胃の早期癌に対する粘膜切除術

[肝・胆・膵系]

  • ・十二指腸ファイバ-により、十二指腸乳頭部にカニュ-レを挿入し、造影剤を注入することにより、胆のう、胆管や膵管疾患を診断する
  • ・総胆管結石の場合、高周波電流により十二指腸乳頭括約筋を切開し除石する
  • ・閉塞性黄疸に対する減黄治療

[大腸]

  • ・血便や便潜血反応陽性時の精査目的
  • ・色素散布、組織検査(生検)などにより、早期癌を鑑別診断する
  • ・X線検査異常所見がみられた場合の病変の確認
  • ・様々な炎症性疾患の診断と罹患範囲の決定
  • ・前癌病変としてのポリ-プの切除、早期癌に対する粘膜切除術

[呼吸器系]

  • ・気管支鏡を用いて、肺癌・気管支出血などの診断・治療
  • ・誤飲物の除去
  • ・気管内分泌物の除去による無気肺の治療

[その他]

  • ・上部下部内視鏡を使用して、食道や大腸の消化管狭窄部を拡張する(バル-ン拡張法)
  • ・誤飲(薬の包装、魚骨、入れ歯、コインなど)による異物除去
  • ・外科手術における胃・大腸腫瘍の切除部位確認のためのマ-キング(点墨法、クリッピング法)

リハビリテーション科

私たちは、病気やけがをされた患者様に一日も早く社会復帰していただけるように急性期~回復期~慢性期~在宅まで一貫したリハビリテーションを提供します。


[訓練室]
リハビリテーション科 訓練室

総面積690㎡のリハビリテーション室は、明るく、山々の四季の変化や行橋市全体が見渡せます。

[屋外リハビリ]
リハビリテーション科 屋外リハビリ

春・秋には優しい風に包まれながら歩くことができます。患者様の憩いの場としても利用できます。

[ADL室]
リハビリテーション科 ADL室

自宅退院に向けて訓練ができるように車椅子対応のオール電化キッチンや上がり框を用いた和室を完備しています。

[支援システム]
リハビリテーション科 支援システム

患者様の大切な情報は、リハビリテーション支援システムでデータ管理しています。


理学療法(PT:Physical Therapy)

  • リハビリテーション科 理学療法
  • 病気や怪我などによる身体機能の低下に対して主に、基本動作(起き上がり・立つ・歩くなど)の回復を行います。

作業療法(OT:Occupational Therapy)

  • リハビリテーション科 作業療法
  • 病気や怪我などによる身体機能の低下・精神機能の低下に対して、主に、日常生活動作の回復を行います。

言語療法(ST:Speech Language Hearing Therapy)

  • リハビリテーション科 言語療法
  • 病気(脳卒中など)による言語障害、嚥下障害の回復を行います。NST(栄養サポートチーム)の参加

医療福祉情報センター

平成10年4月に社会医療相談室、平成12年4月に医療連携室を開設し、相談業務と連携業務を個別に行っていましたが、平成16年4月に合併し、『医療福祉情報センター』となりました。

理念・方針

冷静さとおもいやり
(基本・基礎をもとに相手を思い自ら考える)

[よりよいサービスを提供するために]

  • ・患者様、ご家族の多様なニーズに対応するため、保健・医療・福祉等の関係機関・関係職種との連携を図っています。
  • ・近隣病院の医療ソーシャルワーカーと定期的に研究会を行い、情報提供及び情報交換等地域ネットワークづくりに取り組んでいます。
  • ・患者様、ご家族の総合相談窓口を目指し全力を注いでいます。

医療福祉情報センター

業務内容

  • ・ご紹介いただいた患者様の受付(FAXによる受診予約)
  • ・紹介元への報告書FAX送信
  • ・紹介先への診療情報提供書FAX送信
  • ・病院、診療所・医院、介護保険施設などの紹介
  • ・保健・医療・福祉に関する制度についての説明
  • ・在宅サービスの紹介
  • ・外来担当医表・院内報《かわら版》の送付
  • ・紹介患者様に関するお問い合わせ(ご意見・ご要望窓口)

連絡先

医療福祉情報センター
電話 0930-25-3291 / FAX 0930-25-0748

栄養科

栄養科の理念

患者様・患者様御家族に対して病気の治療・再発防止・合併症予防を目指し、栄養の管理・栄養教育を行い、医師や他医療職と共に患者様の治療に貢献しています。

給食管理

栄養科の指示のもと委託給食の実施
安全・安心な食事を提供
調理室などの衛生管理を徹底しています。

[適時・適温]
温冷配膳車にて食事を提供しています。
食事提供:朝8時・昼12時・夕18時提供

[選択メニュー]

  • 毎日の食事が入院中の楽しみの一つとなるよう選択メニューや行事食を取り入れています。常食の患者様だけではなく、出来る限り治療食の方へも行っています。

[行事食]

  • 入院して四季の移り変わりから遠ざかっている患者様に食事を通じて、折々変わる四季を感じて頂くため、祝祭日を中心に実施し、行事食カードを添えて提供しています。

[手作りおやつ]

  • 患者様に少しでも楽しみにしていただければと、毎月1回提供しています。食事のできる患者様全員を対象にカロリー計算をして、100kcalの範囲内でメッセージカードを添えています。

栄養管理

入院時には、栄養状態を評価する為、他職種共同で栄養管理計画書を作成し、個々の患者様の栄養状態に合わせた食事を提供しています。様々な理由で、食事摂取が進まない患者様には、管理栄養士が病棟訪問を行い、少しでも口から食べていただけるように個別対応を行っています。
食事の形態、嚥下造影(VF)検査食への対応、また、チーム医療の一員として、褥瘡対策チーム・栄養サポートチーム(NST)についても積極的に行っています。

栄養食事指導

医師の指示のもと、外来・入院患者様に対して栄養指導を行っています。
指導内容は慢性疾患(糖尿病・腎臓病・肝臓病など)食事療法・術後の食事・咀嚼・嚥下状態に応じた食事など栄養に関するもの等で食生活の改善・継続に向け、支援しています。

ME室

ME室とは

臨床工学技士が属する部署であり、主に「生命維持管理装置」や「患者監視装置」の操作、院内の様々な医療機器の点検や修理などを行っています。また、生命維持管理装置というのは、体の機能を代行する機器で、人工呼吸器(呼吸代行)や人工透析装置(腎機能の代行)などをいいます。
患者監視装置というのは、患者様の状態を24時間見る事の出来る機器で、有名なものとしては、心電図や血圧、体温などの情報が分かる、生体情報モニターがあります。ME室とは、これらの医療機器があり、これらを安全に管理できる様に保守点検、修理なども行う医療機器の専門家が属する部署です。他にも院内には様々な医療機器があり、これらを安全に使用できる様に保守点検、修理なども行っています。

ME室業務内容

[透析センター]

・透析関連機器の保守管理
(水処理装置、多人数透析液供給装置、A・B粉末溶解装置、患者監視装置等)

・穿刺、回収及び患者観察等のフロア業務

[ICU]

・血液浄化、「アフェレシス」
持続的血液透析濾過:CHDF
血漿交換療法(二重濾過法):DFPP
胸腹水濃縮再静注法:CART

[救急外来]

・生命維持管理装置(全身用麻酔器、搬送用人工呼吸器、心肺蘇生器)の保守点検
・高規格救急車搭載の生命維持管理装置保守点検

[手術室]

・生命維持管理装置(全身用麻酔器、生体情報モニター)の保守点検
・手術機器(カメラ機器など)の設置、動作点検

[病棟]

・人工呼吸器の動作中点検、設置、操作
・病棟設置機器(生体情報モニター、AED、除細動器)の保守点検

[高気圧療法室]

・高気圧酸素治療装置の操作、点検

[ME室]

・輸液ポンプ、シリンジポンプ、人工呼吸器などの中央管理
・ME機器の年間保守計画立案、実施

  • 小波瀬病院トップ
  • ごあいさつ・病院理念と基本方針
  • 診療のご案内
  • 受付時間・診療時間
  • 外来担当医
  • 医療内容・医師 専門分野の紹介
  • 部署の紹介
  • 診療部
  • 看護部
  • 医療技術部付属施設
  • 入院のご案内
  • 沿革
  • 施設概要・アクセス
  • 地域・医療機関との連携
  • Webかわら版